テグレトールの通販

テグレトールヘッダー

テグレトールは通販で購入できます

テグレトールは処方せん医薬品ですので、国内で正式に購入する際には医師の診断を受けなれればなりません。

しかしながら、躁うつ病の項でも触れた通り、躁状態の患者は病気であるという自覚がありません。

それでいて、少しでも気分が悪くなるような事を言われると途端に不機嫌になって言うことを聞きません。

ですので、こういった患者を病院に通院させるのは困難であり、家族が苦労をします。

そこで、テグレトールを個人輸入するという手段があります。

個人輸入は通販と同様の手続きでテグレトールを購入できる便利な手段です。

もちろん、病院に通院しながら薬を処方してもらっている患者さんにとっても、予備の薬があると安心できます。

薬が切れたけど都合が悪くなって病院へ行けない場合や、出張が重なって家をいつ空けるかわからないような場合など、常に携帯しておくといざという時にも発作に悩まされる事がないのです。

毎回決まったやり取りをするためにわざわざ病院へ行っては、バカにならない診察料を払うという手間もはぶけます。

ただし、テグレトールはあくまでハイリスク薬ですので、テグレトールを飲んだことがない方は自己責任で購入し、必ず最小量から飲むようにしましょう。

テグレトールの個人輸入

そもそも個人輸入なら処方せん医薬品を購入してもいいのか?という疑問がわく方もいるでしょう。

医薬品の輸入は個人に限り、厚生労働省によって認められているのです。

これは国内で定められている処方せん医薬品であろうと変わりません。

個人輸入と聞くと英語が出来なければ無理だとか、色々と面倒な手続きがありそうだというイメージがあるでしょう。

そこで個人輸入代行サービスの出番です。

個人輸入代行サービスは税関や海外の製薬会社との売買など、個人輸入のひと通りの手続きを代行してくれるサービスです。

では、個人輸入代行サービスはどのように使うのか?

答えは簡単です。国内の楽天やアマゾンといった通販サイトと同様にインターネットで決済を行えば良いのです。

個人輸入代行サイトとは言っても、サイトの見た目は国内の通販サイトと同じです。

欲しい商品をカートに入れて、あとはクレジットカードの登録や銀行振込といった通常の決済で代行サービスに支払えばご自宅に商品がとどきます。

海外発送となりますので国内の通販に比べて時間がかかるものの、面倒な手続きを一切せずに通販できるのです。