テグレトールの飲み方

テグレトールヘッダー

テグレトールの用法・用量

テグレトールは疾患によって用法・用量が異なってきます。

以下、ネキシウムの添付文書に基づいた各疾患ごとの用法・用量です。

てんかん発作

てんかん発作でテグレトールを服用するのは、部分発作の症状となります。

厳密に言えば単純発作(精神発作、運動発作、感覚発作、精神発作)、複雑部分発作、強直間代発作が対象となります。

成人

1日200mg~400mgを1~2回に分けて服用します。

最初は200mgから飲み始め、効果が出る量(目安として600mg)まで徐々に増やしていきます。

なかなか効果が出ない場合は1日1,200mgまで増やすことが出来ます。

小児

年齢および症状に応じて、1日100mg~600mgを服用します。

最初は100mgから飲み始め、効果が出る量まで徐々に増やしていきます。

なかなか効果が出ない場合は1日600mgまで増やすことが出来ます。

躁病、躁うつ病の躁状態、統合失調症の興奮状態

成人

テグレトールはてんかん発作以外にも、躁状態(躁病、躁うつ病)や統合失調症における興奮状態にも効果があります。

躁状態の患者は病気であるという自覚がないので、病院へ行くことを拒否しがちです。

そういった患者にはテグレトールを気分安定薬として飲ませると効果的です。

1日200mg~400mgを1~2回に分けて服用します。

最初は200mgから飲み始め、効果が出る量(目安として600mg)まで徐々に増やしていきます。

なかなか効果が出ない場合は1日1,200mgまで増やすことが出来ます。

三叉神経痛

三叉神経痛において、グレトールは、痛みを和らげる目的で処方されます。

三叉神経痛は脳の神経に起因する疾患ですので、消炎鎮痛剤では痛みを和らげる事ができません。

なお、テグレトールを服用しても効果があらわれない場合には、脳外科で手術を行う必要があります。

成人

1日200mg~400mgを服用します。

最初は200mgから飲み始め、効果が出る量(目安として600mg)まで徐々に増やしていきます。

なかなか効果が出ない場合は1日800mgまで増やすことが出来ます。

小児

年齢および症状に応じて、量を適宜増減しながら服用します。

テグレトール特有の症状

テグレトールはしばしば薬疹(薬による皮膚疾患)が出やすくなります。

はしかや風疹のような小さくて赤い斑点が皮膚にあらわれる事があります。

微量な薬疹であれば、服用し続けているうちに出なくなります。

もし重篤な薬疹が出た場合は服用を中止し、医師に相談をしてください。