テグレトールの注意点

テグレトールヘッダー

テグレトールの禁忌

以下に該当する方はテグレトールを服用できません。

  • テグレトールの成分(カルバマゼピン)または三環系抗うつ薬に対して過敏症の既往歴がある方
  • 重篤な血液障害のある方(テグレトールの副作用として血液障害が報告されており、血液の以上をさらに悪化させる恐れがあります)
  • 第Ⅱ度以上の房室ブロック、高度の徐脈(50拍/分未満)のある方(刺激伝導を抑制し、更に高度の房室ブロックを起こすことがあります)
  • ボリコナゾール、タダラフィル(アドシルカ)、リルピビリンを服用中の方(これらの薬の血中濃度が減少する恐れがあります)
  • ポルフィリン症の方(ポルフィリン合成が増加し、症状が悪化するおそれがあります)

テグレトールの慎重投与

以下に該当する方はテグレトールを服用するさい、経過を観察しながら慎重に服用してください。

  • 心不全、心筋梗塞等の心疾患又は第Ⅰ度の房室ブロックのある方(刺激伝導を抑制し、心機能を悪化させることがあります)
  • 排尿困難又は眼圧亢進等のある方(抗コリン作用を有するため症状を悪化させることがあります)
  • 高齢者(一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなどの注意が必要です)
  • 肝障害、腎障害のある方(このような疾患を持った方は代謝・排泄機能が低下しているため、血中濃度をモニターするなど慎重に服用してください)
  • 薬物過敏症の方
  • 甲状腺機能低下症の方(甲状腺ホルモン濃度を低下させるとの報告があります)

テグレトールの重要な基本的注意

連用中における投与量の急激な減少ないし服用の中止により、てんかん重積状態があらわれることがあるので、服用を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行ってください。

連用中は定期的に肝・腎機能、血液検査を行うことが望ましいとされています。

眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、テグレトールを服用中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作は控えてください。

統合失調症の興奮状態への使用に際しては、抗精神病薬で十分な効果が認められない場合に服用してください。

抗てんかん剤の投与により発作が悪化又は誘発されることがあります。混合発作型あるいはテグレトールが無効とされている小発作(欠神発作、非定型欠神発作、脱力発作、ミオクロニー発作)の方がテグレトールを服用する場合には状態を観察し、発作が悪化あるいは誘発された場合にはテグレトールの服用を徐々に減量して中止してください。

眠気、悪心・嘔吐、めまい、複視、運動失調等の症状は過量服用の徴候であることが多いので、このような症状があらわれた場合には、至適有効量まで徐々に減量してください。特に服用開始初期にみられることが多いため、低用量より服用を開始することが望ましいとされております。

テグレトールの相互作用

併用禁忌

以下の薬品はテグレトールと併用しないでください。

・ボリコナゾール(ブイフェンド)

・タダラフィル(アドシルカ)

・リルピビリン(エジュラント)

※テグレトールとの併用により、これらの薬剤の血中濃度が減少し作用が減弱するおそれがあります。

併用注意

以下の薬品はテグレトールと併用する場合に注意が必要です。

・MAO阻害剤:相互に作用が増強されるおそれがあります。

・炭酸リチウム:精神神経系症状(錯乱、粗大振戦、失見当識等)があらわれたとの報告があります。

・メトクロプラミド:神経症状(歩行障害、運動失調、眼振、複視、下肢反射亢進)があらわれたとの報告があります。

・アルコール:相互に作用が増強されるおそれがあります。過度のアルコール摂取は避けてください。

・中枢神経抑制剤(ハロペリドール、チオリダジン):相互に作用が増強されることがあります。

・イソニアジド:低ナトリウム血症・SIADHがあらわれることがあります。ナトリウム喪失性以外の利尿剤の使用を考慮してください。

・利尿剤(ナトリウム喪失性):イソニアジドの肝毒性を増強することがあります。また、本剤の血中濃度が急速に上昇し、中毒症状(眠気、悪心・嘔吐、めまい等)があらわれることがあります。

・フルボキサミン、ベラパミル、ジルチアゼム、シメチジン、オメプラゾール、ダナゾール、ビカルタミド、キヌプリスチン・ダルホプリスチン、マクロライド系抗生物質(エリスロマイシン、クラリスロマイシン等)、リトナビル、ダルナビル、アゾール系抗真菌剤(ミコナゾール、フルコナゾール等)、シプロフロキサシン、アセタゾラミド:テグレトールの血中濃度が急速に上昇し、中毒症状(眠気、悪心・嘔吐、めまい等)があらわれることがあります。

・クエチアピン:クエチアピンの血中濃度が低下することがあります。また、テグレトールの代謝物の血中濃度が上昇することがあります。

・イトラコナゾール、テラプレビル、クロバザム、パロキセチン:これらの薬剤の血中濃度が低下することがあります。また、テグレトールの血中濃度が上昇することがあります。

・フェノバルビタール、リファンピシン:テグレトールの血中濃度が低下することがあります。

・フェニトイン:テグレトールの血中濃度が低下することがあります。また、フェニトインの血中濃度を上昇又は低下させることがあります。

・バルプロ酸:バルプロ酸の血中濃度を低下させることがあります。また、テグレトール及びテグレトールの代謝物の血中濃度が上昇もしくはテグレトールの血中濃度が低下することがあります。

・プリミドン:相互に血中濃度が低下することがあります。また、テグレトールの代謝物の血中濃度が上昇することがあります。

・エファビレンツ、テオフィリン、アミノフィリン:相互に血中濃度が低下することがあります。

・抗不安・睡眠導入剤(アルプラゾラム、ミダゾラム)、抗てんかん剤(ゾニサミド、クロナゼパム、エトスクシミド、トピラマート)、トラマドール、ブプレノルフィン、ブチロフェノン系、精神神経用剤(ハロペリドール等)、三環系抗うつ剤(イミプラミン、アミトリプチリン、 ノルトリプチリン等)、トラゾドン、ミアンセリン、セルトラリン、ミルタザピン、精神神経用剤(オランザピン、アリピプラゾール、リスペリドン、ブロナンセリン、クロザピン、パリペリドン)、ドネペジル、フレカイニド、エレトリプタン、ジヒドロピリジン系、カルシウム拮抗剤(ニフェジピン、フェロジピン、ニルバジピン等)、オンダンセトロン。副腎皮質ホルモン剤(プレドニゾロン、デキサメタゾン等)、黄体・卵胞ホルモン剤、ソリフェナシン、クマリン系抗凝血剤(ワルファリン)、免疫抑制剤(シクロスポリン、タクロリムス、エベロリムス)、抗悪性腫瘍剤(イリノテカン、イマチニブ、ゲフィチニブ、ソラフェニブ、スニチニブ、ダサチニブ、ニロチニブ、ラパチニブ、トレミフェン、タミバロテン、テムシロリムス、アキシチニブ)、ドキシサイクリン、HIVプロテアーゼ、阻害剤(サキナビル、インジナビル、ネルフィナビル、ロピナビル等)、マラビロク、デラビルジン、エトラビリン、プラジカンテル、エプレレノン、シルデナフィル、タダラフィル(シ、アリス)、ジエノゲスト、アプレピタント、リバーロキサバン、シンバスタチン、ホスアプレピタン、トメグルミン、ジゴキシン、非脱分極性筋弛緩剤(パンクロニウム等)、アルベンダゾール:これらの薬剤の作用を減弱することがあります。

・アセトアミノフェン:アセトアミノフェンの作用を減弱することがあります。また、肝障害を生じやすくなるとの報告があります。

・ラモトリギン:ラモトリギンの血中濃度を低下させることがあります。

・ダビガトランエテキシラート:ダビガトランの作用を減弱することがあります。

・セイヨウオトギリソウ(St. John's Wort,セント・ジョーンズ・ワート)含有食品:テグレトールの代謝が促進され血中濃度が低下するおそれがあるので、テグレトール服用時はセイヨウオトギリソウ含有食品を摂取しないよう注意してください。

・グレープフルーツジュース:テグレトールの代謝が抑制され血中濃度が上昇するおそれがあるので、テグレトール服用中は、グレープフルーツジュースを摂取しないよう注意してください。

・ミラベグロン:ミラベグロンの作用を減弱することがあります。

・シクロホスファミド:シクロホスファミドの作用を増強することがあります。

・カスポファンギン:カスポファンギンの血中濃度が低下するおそれがあります。